あけみちゃんのちょっといい旅
逸翁美術館

暖冬の今年はお初天神で、梅の便りもちらほらと・・・
そこで今回は、何度も出掛けた長浜の盆梅展に
春を感じたく訪れました。
会場となっている慶雲館は明治天皇の長浜行幸に際し
建設されました。

入口の両脇にも梅の鉢が置かれています。
まずは、1枚目をパチリ!!

門を入っての前庭に、こんな立派な力士像が・・・
誰かのお腹みたい??

館内正面の金屏風としなやかな
お姿の白梅がお出迎え

会場となっているお座敷には
色とりどりの梅の木がオンパレード。
いい香りがただよってきますよ

数ある中でも、見事な一鉢が
最長老八重紅梅樹齢400年の「不老」

いかにこの盆梅が大きいかがおわかりでしょう。
「花音」八重白梅樹齢100年と一緒に

国指定名勝庭園。綺麗にお手入れされ
作業員さんの汗の結晶です。
(今年は雪吊りの出番なし。ザンネン・・・)

北国街道沿いの喫茶店で珍しいメニューを見つけて入りました。
さて、これは何かな??

「カフェオレぜんざい」
カフェオレの下にぜんざいが隠れています。
お味は、ミスマッチなチョットおつな味です。

長浜は春には豊公園の桜、大通寺のあせび等
見る所、歩く所と色々あります。
梅は厳しい状況でも笑顔を絶やさない人
という意味もあるそうです。
1年の内わずか2ヶ月だけ人前に出られます。
芽摘み・水やり色々愛情を注いでもらえるお陰で
梅達が立派な姿になれるのです。
元気、元気をありがとう。

3月11日まで開催です。

Copyright(C) 2005-2007, リフォームセンター塚本 All rights reserved