あけみちゃんのちょっといい旅
逸翁美術館

Copyright(C) 2005-2007, リフォームセンター塚本 All rights reserved

素晴らしい陶板画を見てきました。
京都から名神高速に乗り、まわりの風景を楽しみながら
明石海峡大橋を渡り、自然が沢山点在する淡路島を通過し
しばらくすると大鳴門橋のすぐそばにある
大塚国際美術館に着きます。
この美術館は、平成10年に大塚製薬グループ創立75周年記念事業
として設立された日本最大の常設展示スペースです。
その数、1000余点あり1日かけて見学できます。
展示方法が3つに分かれたユニークなのも特長です。
正面玄関からエスカレーターで上がり地下3階からホールに入ると
「わっ、すご〜い!」と声をあげる位の素晴らしい天井画・壁画です。
ミケランジェロ作
システィーナ礼拝堂天井画及び壁画です。
旧約聖書「創世記」の9場面が天井画に描かれています。
正面にある「最後の審判」(キリスト教の考える世界の終末)
を見て、考える事が多々ありました。
エル・グレコ 祭壇衝立
聖ニコラオルファノス聖堂壁画
壁画の前でパチリ
(聖母子)壁画
地下2階のモネの大スイレン
陶板とは、どうして作られるのか?
工程をパネル展示されており、その大変さもくみとれます。
私も時間をみつけて美術館に足を運びますが
すぐ間近に見れて、こんなに沢山の西洋名画を
1つの場所にて見る事が出来るのはここだけです。
大塚製薬が地域の方々にお世話になった感謝の気持ちで
建てられた美術館だと案内書で知り、社会貢献する企業の
あり方に、ほのぼのとしたものを覚えました。
ゆっくりとしたひとときが過ごせた良い1日でした。