あけみちゃんのちょっといい旅
逸翁美術館

  ハーヴェスト(手回しオルガン)
       オランダ製
こんなかわいいオルゴールもありますよ

ヴェルテン型(1900年頃)
     ドイツ製
   自動演奏オルガン

自動演奏ヴァイオリン(中央) ドイツ製

アコーディオン8型(中央) アメリカ製
まるで目の前でアコーディオンを弾いて
おられる様な見事な音

部屋の中央にすえられた一番大きなデカップ・ダンス・オルガン
まるで、バンド演奏を聴いているような凄い迫力を聞かせてもらいました。
すごいすごいっ!!

信州の山小屋を思わせる玄関

このホール・オブ・ホールズ六甲は、イギリス人のA.H.グルームによって
開発された六甲に建つオルゴール博物館です。
1日7回、解説員の方の案内付きでコンサートを聴く事ができます。
この音色は、心の中まで染み込むぬくもりのある響きです。
あっと言う間に30分が過ぎてしまいますよ。
私のお気に入りのスポットです。

Copyright(C) 2005-2007, リフォームセンター塚本 All rights reserved